障がい者虐待防止法、権利擁護に関する研修会に参加 1月25日 にこふるにて

「障がい者虐待防止法」は、障がい者の尊厳を守る法律。
何人も、障がい者に対し虐待をしてはならない。と規定され、禁止されている。

「障がい者虐待防止法」では、虐待に気づいた人の通報義務も定められている。
また、通報や届け出をした人の情報は慎重に扱われ、職員には、守秘義務が課せられている。

障がい者虐待の種類
〇身体的虐待
〇放棄・放任(ネグレクト)

 〇心理的虐待
〇性的虐待
〇経済的虐待
   がある

積極的権利擁護を推進するためには、
地域生活支援の仕組み、ネットワーク支援、当事者参加の推進を通しての

地域づくりや街づくりが必要である。

鶴岡市の障がい者の虐待 に関する通報や届け出、相談は
鶴岡市     福祉課     ☎0235-25-2111(内線 130)
障害者相談支援センター ☎0235-25-2794
となっております。

障がい者の虐待が無いまちは、すべての人にとっても住みよいまちであると思います。
鶴岡市もそのようなまちを
目指して行きたいものです。
お互いに、頑張って行きましょう。